ひとりごと(誰かを想うということについて )

愛を形で示せというのであれば、自分はもっと働かなければいけない。貯金もできないような人間と付き合おうなどと考える女性もいないだろう。

ただ、どうしてもモチベーションが上がらない。私が彼女に(わずかながらに)尽くしても、彼女が私を受け入れてくれているのかどうか…それが見えない。かえって、重荷になっているのではないか?

彼女からすれば、お互いの生活には干渉しない、されたくない…そのようにとれる事もある。私としては、もっと関わって欲しいと思うし、彼女のことももっと知りたいと思っているのだが…

ここ数日、彼女は風邪であまり具合が良くないらしい。彼女が欲しいと言っていたCDを買った、というメールを送っても返事がないのはそのためか…とも思いたいが、あれこれ悩むうちに、良からぬ妄想をしてしまう。何か悪いことを言ってしまったのか?メールを送る回数が多かったか?(過去にそれで失敗している身としては、その辺りの加減はわきまえているつもりだが、それでもまだ控えるべきだったのだろうか?)

もっとも、もし彼女と付き合えなくなってもそれはそれで、彼女から解放されると思えばまだ気が楽なのだが、それすらも曖昧で、逃れられない呪縛に捕らわれている気分が続く。

それらが絡み合って、彼女に対して本気になれない自分がいる。「解放される」ことを覚悟で自分の思いの丈を全て打ち明けられれば良いが、今はまず、彼女の風邪が早く治って欲しいと願う。たとえ、彼女に他に好きな人がいて、自分が踊らされているだけなのだとしても、過去にあった失敗のように彼女を傷つけたくはないから。

私にもう少し、彼女を信じられる力があれば…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年05月22日 19:59
今日実家のモカが11歳で天に召されました
今までかわいがってくれてありがとうございました

この記事へのトラックバック